転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる @nifty転職

毎日更新

15の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

転職情報まとめて検索

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーの転職・求人情報を現在 全0件 掲載中!

NEW ファンドマネージャーの新着求人 (2017年11月24日更新)

勤務地で転職・求人情報を絞り込む

地図でエリアをクリックして、
希望の勤務地を選択してください。

選択した勤務地から検索

職種から転職・求人情報を探す

前回の検索条件から探す

前回の検索条件はありません。

最近チェックした転職・求人情報

  • 最近チェックした転職・求人情報はありません。

ファンドマネージャーとは

ファンドマネージャーは、クライアントである投資家から預かったお金を運用する計画を立て、実行するのが仕事です。個人投資家から預かった資金を利用し、企業として大口の投資を行っている投資家を機関投資家と呼んでいて、個人投資家と比較すると動く金額がかなり大きく、そのお金の動向は金融市場でも存在感も影響力も大きくなります。その機関投資家としての企業内運用を取り仕切るのがファンドマネージャーです。ファンドマネージャーの専門的な知識と市場情報に基づいて、資産運用を行っていきます。資産を元に安定して運用を行っていき収益を増加させていくために、ディーラーやアナリストやエコノミストと連携して絶え間なく流動するマーケットを観察し、市場調査をしながら独自の見解で判断を下していかなければなりません。 ファンドマネージャーは主に投資顧問会社や信託会社、保険会社などが勤め先です。これらの職場はほとんどが専門知識を有する仕事であるため、未経験者がファンドマネージャーとして活動を行うことは、ほぼ不可能です。大抵の場合は最初にアナリストとして財務情勢の分析を行い、投資するためのリサーチ能力や分析能力を身につけ、十分な知識を習得後、ファンドマネージャーとして昇格します。ただし、ファンドマネージャーは公的資格がいるわけではないので、能力を認められれば早くに仕事を任せられることも珍しくありません。

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。