転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる @nifty転職

毎日更新

16の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

転職情報まとめて検索

MR(医療情報担当者)

MR(医療情報担当者)の転職・求人情報を現在 全74件 掲載中!

NEW MR(医療情報担当者)の新着求人 (2017年3月25日更新)

勤務地で転職・求人情報を絞り込む

地図でエリアをクリックして、
希望の勤務地を選択してください。

選択した勤務地から検索

職種から転職・求人情報を探す

前回の検索条件から探す

前回の検索条件はありません。

最近チェックした転職・求人情報

  • 最近チェックした転職・求人情報はありません。

MR(医療情報担当者)の新着転職・求人情報

MR(医療情報担当者)とは

MRは、メディカル・レプレゼンタティブの略称で、医薬情報担当者とも呼ばれます。全国でおよそ6万人以上が活躍しているといわれるMRの仕事は、病院などの医療機関において、自社製品に関する効果や効能などの情報を医療機関の医師やスタッフへ提供したり、実際に診療を行う医師から製品の有効性などの情報を集め、自社の研究開発部門にフィードバックしたりなど、幅広い仕事内容があります。基本的には情報の提供が仕事であるため、医療機関に製品を持っていき、その場で販売するようなことはありません。MRは、自社の医薬品の普及という点はもちろんのこと、医薬品を適正に使用するための情報提供も重要であり、単なる営業マンとしての側面だけでなく、患者さんの健康に貢献できる仕事でもあります。MRの勤務先は、主に製薬会社や医薬品のメーカーです。自社の製品が他社の製品と比べていかに優れているかを説明するための専門的な知識が必要であることはもちろんですが、人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力も必要となります。そのため、大学で薬剤師の資格を取得して、卒業後すぐに製薬会社などでMRの仕事に就くというケースもありますが、他業種で営業の職を経験した後にMRの仕事に就く人も多くいます。

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。