転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる @nifty転職

毎日更新

15の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

転職情報まとめて検索

プロデューサー

プロデューサーの転職・求人情報を現在 全256件 掲載中!

NEW プロデューサーの新着求人 (2017年10月18日更新)

勤務地で転職・求人情報を絞り込む

地図でエリアをクリックして、
希望の勤務地を選択してください。

選択した勤務地から検索

職種から転職・求人情報を探す

前回の検索条件から探す

前回の検索条件はありません。

最近チェックした転職・求人情報

  • 最近チェックした転職・求人情報はありません。

プロデューサーの新着転職・求人情報

プロデューサーとは

webコンテンツやゲームなどの製作を指揮する総責任者がプロデューサーです。プロデューサーの目的はプロジェクトを完成させて製品を世に出すことであり、企画立案や必要な資金や人材の調達、進捗状況の管理などを必要に応じて行いながらプロジェクトの成功を目指します。プロデューサーの業務範囲はプロジェクト全体の管理であり、実際の作業に関しては専門であるディレクターが取り仕切ります。プロデューサーはディレクターが理想的な状態で作業を行えるような環境を用意するのが仕事であり、業務はマネジメントが中心となり、予算管理と人員管理が仕事の8割を占めています。中には企画や製作作業に力を注ぐプロデューサーもいますが、その場合にはマネジメントを専門とするプロデューサーがアシスタントとして付くことが多いです。プロデューサーは会社雇用の社員であるケースと、独立して活動するケースの2つがあります。仕事内容に大きな違いはありませんが、資金や人材の管理方法には違いが生まれます。多方面から人材を集める必要があるフリーのプロデューサーは人脈やコネクションが重要ですが、社員プロデューサーの場合はスケジュールや進捗状況を管理する能力をより高い水準で要求されます。プロジェクトを知ってもらうためにメディアへの出演やインタビュー取材を受けるのも大切な業務です。

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。