転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる @nifty転職

毎日更新

15の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

転職情報まとめて検索

パイロット

パイロットの転職・求人情報を現在 全7件 掲載中!

NEW パイロットの新着求人 (2017年9月20日更新)

勤務地で転職・求人情報を絞り込む

地図でエリアをクリックして、
希望の勤務地を選択してください。

選択した勤務地から検索

キーワードで転職・求人情報を絞り込む

農業・ドライバー・パイロット関係の職種から転職・求人情報を探す

職種から転職・求人情報を探す

前回の検索条件から探す

前回の検索条件はありません。

最近チェックした転職・求人情報

  • 最近チェックした転職・求人情報はありません。

パイロットの新着転職・求人情報

パイロットとは

パイロットは旅客機を操縦することで人と貨物を目的地まで安全に運ぶことが仕事です。フライトを滞りなく行うためには、ただ単にコックピットに座っているだけではなく、関連してたくさんの業務をこなす必要があります。 パイロットはまず、出発の前には副操縦士や運行管理者、そしてフライトをアシスタントするキャビンアテンダントと綿密にミーティングし、出発地と目的地の空港の状態や空路の気象データの収集などを行います。担当する航空機の整備状態や燃料確認なども同様にチェックして、その後コックピットに入って計器類が正常に作動するかどうかを確かめ、飛行データを入力し離陸に備えます。操縦中も航空管制官との通信を常に行い、安全な飛行を充分に配慮していかなければなりません。 旅客機1機に対して機長と副操縦士の2人が担当することになりますが、実際に操縦をするのは機長で、管制官の通信と補佐を行うのが副操縦士です。広い空を飛ぶ飛行機であっても航路が自由なわけではありません。また、パイロットは気象の変化や予想外の事態にも迅速に対応をする必要がありますので、たとえ自動操縦に切り替えた後であっても気を緩めることができない仕事です。万が一トラブルが発生した場合には、大勢の乗客の命を守るために大きな決断と判断を迫られます。助けを呼べない空の上だからこそパイロットの責任も大きなものになりますので、厳しい訓練を長期間受ける必要があるのです。

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。