転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる @nifty転職

毎日更新

15の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

転職情報まとめて検索

AD(アシスタントディレクター)

AD(アシスタントディレクター)の転職・求人情報を現在 全29件 掲載中!

勤務地で転職・求人情報を絞り込む

地図でエリアをクリックして、
希望の勤務地を選択してください。

選択した勤務地から検索

職種から転職・求人情報を探す

前回の検索条件から探す

前回の検索条件はありません。

最近チェックした転職・求人情報

  • 最近チェックした転職・求人情報はありません。

AD(アシスタントディレクター)の新着転職・求人情報

AD(アシスタントディレクター)とは

AD(アシスタントディレクター)は、ディレクターのサポートをするのが仕事です。テレビの企画制作に携わる職に就いた場合、一般的には最初にADとして経験を積んでいくことになります。映像を作り出す現場監督としての役割があるディレクターのサポートとして、あらゆる雑務をこなしていかなければなりません。 一つの番組を作る際には、複数のADが担当することになります。音響や照明、大道具や出演俳優など多くの人間が制作に関わることになりますが、人数が多いとディレクターだけでは細かい指示を出すことができません。そこでADが細部の仕事を請け負います。 制作の他にも移動手段や宿泊先の選定、弁当の手配などの雑務もADの担当です。一つの番組ごとに製作者もロケ地もあらゆるものが変化しますので、さまざまな状況に応じて臨機応変に対応するために行動力が求められます。そして不規則なテレビ業界の中で、24時間動き回れるだけの体力も必要です。 プロデューサーやディレクターで仕切っている立場の人も、AD時代に番組制作のノウハウを体得していっています。体力的にも精神的にも大変な仕事ですが、情熱を持って取り組んでいくことで続けていくことのできる仕事です。

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。