転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる @nifty転職

毎日更新

15の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

転職情報まとめて検索

コーダー

コーダーの転職・求人情報を現在 全174件 掲載中!

NEW コーダーの新着求人 (2017年9月21日更新)

勤務地で転職・求人情報を絞り込む

地図でエリアをクリックして、
希望の勤務地を選択してください。

選択した勤務地から検索

職種から転職・求人情報を探す

前回の検索条件から探す

前回の検索条件はありません。

最近チェックした転職・求人情報

  • 最近チェックした転職・求人情報はありません。

コーダーの新着転職・求人情報

コーダーとは

コーダーというのは、Webデザイナーが作り上げたデザインを元に、インターネット上で見られるように実際にサイトを作り上げていく仕事です。加工や編集ではなく、一から構築していきます。コードを書くというのはHTMLやCSSなどの技術を使ってプログラミングしていくことですが、発案自体はWebデザイナーが行うので、それを具体的に形にしていくのがコーダーの役割です。 まず、クライアントから提出されたWebサイトの案に対して、文書で構造を考えていきます。見出しやハイパーリンクなどをつけていき、デザイナーから提出された画像データやデザインを損なわないようにサイトを構築していきます。インターネットというのはさまざまなブラウザで見られていますので、どのブラウザでもレイアウトが崩れることのないようにコーディングする技術が必要です。コーダーは、一つのサイトを作るときにもたくさんのブラウザをプレビューしながらチェックを重ねていかなければならない根気のいる仕事になります。 また、サイトは一度構築し終えたら終了ではありません。一般的には保守や更新などもコーダーが担当することになり、サービスの設定変更や情報の整理、ページの追加などもクライアントと話し合って行っていきます。

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。