転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる ニフティ転職

毎日更新

8の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

情報掲載期間:2023年10月9日~2023年12月31日

情報提供元:エン転職

一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会

正社員

小型船舶操縦士試験員(国内唯一の指定試験機関)◆まずは1年間の研修で試験員資格取得に向けて学びます

未経験/第二新卒歓迎

こちらの転職情報は、現在募集を停止しております。

他にも、たくさんの転職情報をご案内しておりますので、ニフティ転職トップページからお探しください。

神奈川県(公務員)の新着転職・求人情報

仕事内容

小型船舶操縦士試験員として国家試験の実施や試験問題の作成、海の安全のための各種講習会の実施、海洋レジャーの振興に関する広報や普及活動などをお任せします。

《入社後の流れ》
▼研修期間
まずは、通常業務を行ないながら、1年間かけて、小型船舶操縦士試験員資格の取得を目指します。仕事をしながら学んでいくことになりますが、わからないことがあれば先輩にすぐに質問することができます。仕事も学びの一環であり、知識やスキルをしっかり身につけていく期間となります。

◎仕事について
最初は本部配属となり、社内外の研修を受けながら、基本的な知識・技術を身につけます。仕事を進めていくうえで、試験制度や試験問題の内容などを理解している必要があるため、通常業務も試験員資格取得に向けた勉強を兼ねています。

◎研修~試験について
試験員研修を受講し、法律や船の仕組みなどの知識や、操縦技術を身につけます。1年の総仕上げとして数日間にわたり集中的に学びます。試験は、筆記と実技があります。

▼試験員資格取得後
小型船舶操縦士試験員として、全国9ヶ所にある事務所のいずれかに配属され、管轄地域の試験会場の試験を担当します。週半分は、学科試験や実技試験を実施し、あとの半分は、事務所でデスクワークというイメージです。

この求人のポイント

国家資格である小型船舶操縦士免許。当協会は、国家試験を実施することができる唯一の国の指定試験機関。そんな当協会のこと、ご存知ですか?

小型船舶操縦士免許に関して、国家試験の実施や、試験問題の作成を手がけているのは当協会だけ。そのため、実は小型船舶操縦士免許をお持ちの方は、何らかの形で必ず当協会に関わっているのです。

また、小型船舶を使ったレジャーの裾野を広げていくのも、当協会の重要な役割。そのため、海洋レジャーの振興に向けたイベントの開催やマリンレジャーの拠点となる「海の駅」の普及なども行なっています。ほかにも国や教育機関と協同で海外で開催される水上安全の会議への参加など、業界の発展に向けた取り組みにも積極的です。

もし、小型船舶操縦士や海技士の知識を活かした仕事をしたいという想いがあれば、ぜひ、当協会を検討してください。業界になくてはならない組織の一員として、海洋レジャーの安全と発展に寄与しているという誇りを胸に活躍することができますよ!

募集要項

雇用形態 正社員
応募資格 学歴不問
学歴不問/職種未経験歓迎/業種未経験歓迎/社会人未経験歓迎/第二新卒歓迎

以下の条件をすべて満たしている方。
◆海技士(航海または機関)資格を有している、または取得見込み
◆一級および特殊小型船舶操縦士資格を有している、または取得見込み
◆普通自動車免許(AT限定可)を有している、または取得見込み
給与 月給21万4800円以上
※経験、年齢、能力などを考慮して、給与額を決定します。
※月給には、手当(地域手当、資格手当)を含みます。
勤務地詳細 特定事業本部/神奈川県横浜市中区本町4-43 A-PLACE馬車道
※国家資格に携わるため、試験員資格取得後は、数年ごとに転勤があります。
勤務時間 9:00~17:00(実働7時間)
※研修期間は残業がほとんどありません。
休日 ■週休2日制(土・日、月5~8日)
 ※土日に仕事がある場合は、平日に振り替え休日を取っています。
■祝日
■年末年始休暇
■夏季休暇
■有給休暇
■慶弔休暇
■特別休暇
福利厚生 ■昇給年1回(4月)
■賞与年2回(6月、12月)
■各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
■交通費全額支給
■時間外手当
■出張手当
■資格手当
■役職手当
■職能手当
■社宅あり
■家族手当
■住宅手当
■財形貯蓄
■退職金制度
■海外研修
■制服貸与
会社からの
メッセージ
-

PR・特記事項

キャリアパス ◎今回は特定事業本部での採用となり、課長や部長、事務所長、役員と、上を目指して成長していくことができます。中途入社で役員になった人もおり、キャリアアップに向けて中途入社のハンデはありません。
配属部署 試験員は全国で約50名と、貴重な存在。試験員の試験合格に向け、全員で新人を育てていこうという風土があります。仕事や試験勉強で困ったことがあれば、先輩がしっかりとサポートをしてくれるアットホームな雰囲気の職場です。先輩達は、長期にわたって家を空ける大型船の乗組員から転職してきた方も多くいます。

会社について

一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会

事業内容 海へのパスポート、小型船舶操縦士免許に関する業務
1. 小型船舶操縦士国家試験の実施
2. 小型船舶操縦免許証の更新・失効再交付講習の実施
3. 遊漁船業務主任者講習の実施
4. 体験乗船会の実施
5. 船の文化検定「ふね検」の実施
設立 1991年
代表者 会長 冨士原 康一
上場分類 非公開
従業員数 -
PR・特記事項

【「企業データ」】

28億3000万円 ※基本財産/
123名(2023年9月現在)

問い合わせ

一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会

https://www.jmra.or.jp/

「小型船舶操縦士試験員(国内唯一の指定試験機関)◆まずは1年間の研修で試験員資格取得に向けて学びます」と似た転職・求人情報から探す

職種
勤務地
業種
特徴

公務員・警察官・NPO関係の職種から転職・求人情報を探す

先頭へ

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。