転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる ニフティ転職

毎日更新

7の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

情報掲載期間:2021年11月8日~2021年12月5日

情報提供元:エン転職

財務省

正社員

総合職(係長級)

Uターン 語学 週休2日 年休120日 未経験/第二新卒歓迎

こちらの転職情報は、現在募集を停止しております。

他にも、たくさんの転職情報をご案内しておりますので、ニフティ転職トップページからお探しください。

東京都(公務員)の新着転職・求人情報

仕事内容

国の予算編成や税制、国際金融システムの管理、その他「国のお金」に関わる幅広い施策を実行・管理する財務省。より良い国民生活のため、各施策の企画や立案などを行ないます。まずは上司の指示のもと業務を進め、2~3年ごとにジョブローテーションを重ね、ゼネラリストへ成長してください。

~例えば下記のような業務に携わります~
■財政政策(予算編成、税制企画、マクロ経済政策、財政投融資等)
■マーケット関連政策(政策金融、為替政策、国債管理政策等)
■国際関連政策(関税政策、国際金融政策、途上国開発政策等)

~財務省外の幅広い経験もできます~
財務省の管轄する業務のほか、他の省庁、地方自治体、海外大使館、その他公的機関など、財務省外での幅広い経験を積むことができます。中には海外大使館で外交に携わったり、法律の立案に携わった職員も。地方・海外を問わず幅広い活躍のステージがあります。

※配属先は、適性やスキル、経験などを考慮して決定しています。経験を積み、成長した後は「課長補佐」として自分主体で企画を進めたり、部下の育成やマネジメントにも携われます。
※公募で海外大学への留学も可能。多くの職員が手を上げ、経済政策への知見を深めています。
※英語や中国語など外国語スキルを実務で活かすチャンスがあります。

この求人のポイント

なぜなら、財務省ではいち企業や団体では決して得られない、幅広い経験をすることができるからです。

財務省は「国家のお金」を扱う公的機関として、国の予算編成や税制、国際金融システムの管理などを担っています。あらゆる省庁の中心となり国家予算を動かすポジション。だからこそ、他の省庁と連携をとり予算の使い道を企画したり、重要な政策の実現に寄与することもあります。

――ですが、それだけには留まりません。ある時は、在インド大使館で外交に貢献したり。またある時は他省庁に出向し、「個人情報保護法」など国内外の企業に関わる法律を改正したり。他の省庁、地方自治体、海外大使館、その他公的機関など、活躍の舞台に制限はありません。

2~3年毎にジョブローテーションを重ねるため、幅広い分野から政策に携わり、より良い国民の生活を実現していくことが可能。5年先、10年先のあなたの未来は、きっと今想像している以上のものになるはずです。

募集要項

雇用形態 正社員
応募資格 大卒以上
<職種・官公庁での経験がない方、歓迎>
■大卒以上
■民間企業や官公庁、国際機関などの団体において、正社員・正職員として働いた経験を通算2年以上お持ちの方

\下記のような方、歓迎いたします/
□多くの人の生活に影響を与える仕事がしたい方
□困難な課題を論理的に考え、判断・表現し、解決できる方
□対人折衝・調整を行なうような仕事をしてきた方

※必須ではありませんが、英語や中国語など外国語スキルをお持ちの方は、実務で活かしていただくチャンスがあります。
給与 月給26万円以上+各種手当+賞与(昨年度実績4.45ヶ月分)

※上記には、一律支給の手当を含みます。これまでの経験等を考慮の上、月給額を優遇します。
※みなし残業はありません。残業代については全額支給いたします。
勤務地詳細 【財務省】
東京都千代田区霞が関3-1-1

◎定期的に異動があります。
様々な経験を積めるよう、2~3年ごとに異動を行なうジョブローテーションを取り入れています。省内の異動であれば上記霞ヶ関内勤務となるケースが多いですが、場合によっては他の省庁や地方自治体、公共団体への出向、海外留学などを行なうこともあり、その際は引っ越しを伴う転勤となるケースもあります。ただし、遠方への異動についてはご家庭の状況なども考慮して決定します。
勤務時間 9:30~18:15(実働7時間45分)
休日 <年間休日120日以上>
■完全週休2日制(土日)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■有給休暇
└繁忙期以外の時期には、通常の休みと合わせて5日以上の連休も可能です。
■産休・育休
└取得&復職実績あり。子育てをしながら働く職員や、女性管理職も活躍中です。
■慶弔休暇
■介護休暇
福利厚生 ■昇給年1回(1月)
■賞与年2回(6月・12月/昨年度実績:4.45ヶ月分)
■社会保険(健康・厚生年金)
■国家公務員共済組合へ加入
■国家公務員災害補償法制度
■通勤交通費(月5万5000円まで)
■残業手当(全額支給)
■出張手当
■役職手当
■皆勤手当
■社宅あり
■住宅手当(月2万8000円まで)
■家族手当(配偶者:月6500円、子ども1人あたり:月1万円)
■出産・育児支援制度(職員または扶養家族の出産の際に4万円を支給)
■職場内禁煙
■食堂あり(庁舎内に食堂、コンビニがあります)
■退職金制度
■財形貯蓄
会社からの
メッセージ
-

PR・特記事項

入省後の流れについて 入省後、3ヶ月は省内全体の動きが見えやすい部署にて研修を実施。OJT担当の先輩がつき、財務省における基本業務の流れや組織全体について教えていきます。その後は、適性などを考慮して財務省の各部署へ配属。実務を通して業務について学んでいきましょう。

2~3年ほどのスパンで異動があるため、省内の他部署はもちろん、地方自治体や他の省庁、海外などでの経験を積むことも可能です。幅広い経験を重ねながら、マネジメントや組織管理も担う課長補佐級を目指してください。ゆくゆくは、財務省本省の幹部候補職員として活躍できるステージがあります。

会社について

財務省

事業内容 健全な財政の確保、適正かつ公平な課税の実現、税関業務の適正な運営、国庫の適正な管理、運営に対する信頼の維持及び外国為替の安定的な確保を図ることを任務に、運営しています。

<財務省が目指すこと>
■効率的で持続可能な財政への転換を図り、民間需要主導の持続的経済成長を実現。
■少子・高齢化、国際化など経済社会の構造変化に対応できるあるべき税制の実現。
■財政投融資は、行財政改革の趣旨を踏まえ民間ではできない分野・事業に重点化し、真に政策に必要な資金需要に対応。
■金融のセーフティネットを整備し、金融危機に素早く対応するなど金融システムの安定を確保。
■国際通貨システムの安定・国際貿易の秩序ある発展。
設立 2001年1月6日
代表者 財務大臣 鈴木俊一
上場分類 非公開
従業員数 -
PR・特記事項

【「企業データ」】

公的機関のため資本金はありません。/
約7万名

問い合わせ

財務省

https://www.mof.go.jp/about_mof/recruit/mof/2021senkou.html

「総合職(係長級)」と似た転職・求人情報から探す

職種
勤務地
業種
特徴

公務員・警察官・NPO関係の職種から転職・求人情報を探す

先頭へ

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。