転職情報を探すなら大手求人サイトの募集情報を一括検索できる ニフティ転職

毎日更新

7の転職サイトからまとめて検索!自分に合った仕事がみつかる転職サイト

情報掲載期間:2020年11月19日~2020年12月16日

情報提供元:エン転職

防衛省

正社員

宇宙海洋政策室長 ◎防衛省の中でも重要な役割を担うポジション

フレックス 週休2日

こちらの転職情報は、現在募集を停止しております。

他にも、たくさんの転職情報をご案内しておりますので、ニフティ転職トップページからお探しください。

東京都(公務員)の新着転職・求人情報

仕事内容

近年ますます重要性が高まっている宇宙・海洋分野の防衛力強化を目指して、新たに「宇宙・海洋政策室」が誕生しました。防衛力強化につながる政策を形にするための様々な実務を始め、チームのマネジメントをご担当ください。室長自身も、メンバーも、実務は政策の検討・企画・立案、防衛省内外の関係部署との調整や意見交換、省内幹部への報告、国会対応等を進めていきます。

<マネジメントについて>
メンバーは5~10名の予定。日々の行動を管理し、指示を出します。政策について、メンバーから上がってきた成果物や報告をチェックし、最終的にまとめた政策は上司となる戦略企画課長に提出します。

<実務は以下に関連する業務です>
■宇宙分野
・宇宙状況の監視に関すること
・宇宙領域を活用した情報収集、通信、測位等の各種能力の向上
・機能保証のための能力や、相手方の指揮統制・情報通信を妨げる能力の強化
・宇宙領域における諸外国との連携強化

⇒例えば、宇宙利用の在り方が変化している近年は、大型の高機能衛星を数少なく打ち上げる方式から、小型衛星を大量に打ち上げる方式に変化しています。衛星の種類や搭載センサーによって得られる効果に影響もあるため、「どんな衛星にするか」「防衛省が単独で実施するか、民間企業とパートナーを組むか」「諸外国の打ち上げる衛星への対応は」などを検討。専門家に意見を伺って文書をまとめたり、話し合いの場を設けたり…など行動します。

■海洋分野 
・海洋状況の把握
・国境離島の保全
・その他、海洋に関する安全保障上の重要課題

⇒例えば、排他的経済水域の保全についての政策です。諸外国から物を輸入する際の航路をいかに安全に確保するかだったり、日本の領海に侵入してきた船の対応について検討・企画立案します。

この求人のポイント

核・弾道ミサイルの打ち上げや、極超音速滑空体の発射――。
諸外国の脅威が強まる昨今、防衛省は新たに“宇宙・海洋政策室”を立ち上げました。

近年、軍事技術の進歩などにより、防衛省が向き合う領域は陸・海・空に加え、宇宙・サイバー・電磁波の分野にまで拡大。宇宙・海洋の領域で防衛力を強化することが急務です。そのために不可欠な「政策」を検討・企画立案するのが政策室のミッション。防衛省の中でも、特に重要な組織として位置づけられています。

2020年に新設した政策室のリーダーとなる「室長」を、このたび中途採用でお迎えすることに決定しました。政策を形にするために自ら実務をこなして背中で見せつつ、メンバーを束ねてご活躍ください。

チームを率いて形にした政策が、そのまま“防衛省の政策”になることも。自分のマネジメントが国の平和に貢献できていることも強く実感できるでしょう。人々のため、そして国のために。ぜひ、あなたの経験をお貸しください。

募集要項

雇用形態 正社員
応募資格 大卒以上
下記2点に該当される方が対象です。
■大学卒業後、民間企業・官公庁・国際機関等において、正社員・正職員(またはそれに準ずる雇用形態)として従事した経験が16年以上あり、5~10名程度のマネジメント経験を有している方(令和3年2月1日現在)

■組織や上司の方針に基づく適切な判断力、論理的な説明能力、計画的・効率的な業務遂行能力、関係部署との円滑な連絡・調整・コミュニケーション力を有している方

<宇宙分野に関する経験者歓迎>
防衛省が中途採用を実施する背景には、様々な経歴・知見を取り入れ、組織を活性化させたい狙いがあります。このため、宇宙分野に関する知識・実務経験を有している方を歓迎します。仕事の中で宇宙に関する何かしらの業務に携わっていた方、実務経験はないけど興味を持って勉強していた方は、その知識を活かせます。
給与 月給59万円以上
※経験やスキルを考慮して決定します。
※上記月給には一律支給の手当(地域手当、本府省業務調整手当及び管理職手当)が含まれます。
勤務地詳細 防衛省・市ヶ谷庁舎/東京都新宿区市谷本村町5-1
勤務時間 9:30~18:15(実働7時間45分)

<フレックスタイム制での勤務も選択可能です>
コアタイム/10:00~16:00
※1週間の所定労働時間38時間45分を維持し、当該1週間内の勤務時間を割り振る形として運用します。
休日 ■完全週休2日制(土日)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■有給休暇
■介護休暇
■産休・育休制度(取得・復職実績共にあり)
■結婚休暇
■忌引き休暇
■子の看護休暇
■ボランティア休暇
福利厚生 ■昇給・給与改定年1回
■賞与年2回(6月・12月) ※昨年度実績:4.4ヶ月分
■社会保険(労災・健康・厚生年金)
■通勤手当(月5万5000円まで)
■家族手当(配偶者:月6500円/子ども1人あたり:月8000円)
■住宅手当(月2万8000円まで)
■財形貯蓄制度
■退職金制度
■託児所・育児サポートあり 
■オフィス内禁煙
■食堂・コンビニ・飲食店あり(牛丼チェーン店やコーヒーショップも省内にあります)

<家庭との両立を応援します>
市ヶ谷の本省内には保育所があり、職員は利用することができます。また、「育児休業などを取得する職員のための代替要員制度」なども用意。職員が育児・介護などと仕事を両立するための様々な制度を整備しています。
会社からの
メッセージ
-

PR・特記事項

入省後の流れ まずは「防衛省」という組織について学ぶため、簡易的に研修を実施します。その後、配属先となる部署にて実務をスタートしてください。幅広い業務があるため、入省時点の経験・スキルで担当できそうな仕事からお任せしていきます。仕事は複数名のチーム体制で進めており、日頃からメンバー同士コミュニケーションを取っていきましょう。室長自身もメンバーと同様に実務を担当するので、メンバーの模範となる“背中で見せる活躍”を意識してください。

会社について

防衛省

事業内容 ■防衛政策の策定
■国防に関する情報の収集・分析
■防衛力整備
■自衛隊の運用
■国際的なパートナーとの協力
■地域社会・国民との連携強化
設立 1954年7月
代表者 防衛大臣 岸 信夫
上場分類 非公開
従業員数 -
PR・特記事項

【「企業データ」】

官公庁のため、資本金はありません。/
24万7117名(2018年3月現在)
官公庁のため、売上はありません。

問い合わせ

防衛省

https://www.mod.go.jp/

「宇宙海洋政策室長 ◎防衛省の中でも重要な役割を担うポジション」と似た転職・求人情報から探す

職種
勤務地
業種
特徴

公務員・警察官・NPO関係の職種から転職・求人情報を探す

先頭へ

毎日更新

複数の大手転職サイトから求人情報をまとめて掲載。
ご希望の条件で「まとめて検索」をして、自分にピッタリの求人情報を探すことができます。